技術ブログ 2010年1月

<石英ガラスカタログ項目の定義  電気的特性編>

 

石英ガラスの電気的特性値は、広い温度範囲で、低い電気伝導率、

高い絶縁性、低い誘電損失などが特徴です。この特徴から石英ガラスは、

高周波や高電圧用の絶縁体として、特に高温域や大きな機械応力を

うけるところに広く利用されています。                                 
                                 

電気的特性値の定義等を紹介いたします。                                                          
                                 
<体積抵抗率>

絶縁体の内部を導通する電流に対しての電気抵抗率であり、表面を導通する

電流との区別をするため体積抵抗率と呼んでいます。                           
                                 
<誘電率>

真空中の電気誘導容量は、電束と電場の強さとの比をいい、物質の定数である

誘電率は、真空中の電気誘電容量との比をいいます。

言い換えれば、絶縁物が電場の影響によって僅かな変位が生じ電気誘起される

現象を誘電分極と言いますが、誘電率はこの性質をいいます。                           
                                 
<誘電体損失>

物体が高周波を通るときの電気的エネルギーの損失を示します。                           
                                 
<破壊電圧>

不連続的に絶縁性を失い、電流が流れ出す最小電圧。

破壊電圧は、ガラスの均質性にも依存するので、他のガラスや磁器に比べ

石英ガラスは、高い値を持ちます。

技術 森川                           


ページ先頭へ

大興製作所トップへ