技術ブログ 2010年9月

<ヒートステージ付き顕微ラマン分光用フローセルの紹介>

顕微ラマンは非常に小さな物体中に含まれる有機物質の検出に期待されている

分析方法です。今回溶液中に室温で固まる有機成分があり、かつ連続計測したい

要望があり、"Off-line →溶液の加温" On-line分析ができるφ25×光路長0.3mmの

フローセルを開発しました。

その場観察をしたい要望が高まりOn-lineのフローセルとして期待されています。

こんなセルがあればいいのになーと思われることがあればご相談してください。

お手伝いは大興製作所が致します。

tecblog_2010.09-500.jpg    

技術 尾野   


ページ先頭へ

大興製作所トップへ