技術ブログ 2011年9月

<小さな世界>

4月に入社して、半年が経ちました。

思い出すと、入社してからまず混乱したのは、単位です。

今までは私の中での基準は、センチメートルでした。

しかし会社ではミリメートルが中心的に使われます。

入ったばかりの私は、φ25の円...と言われると25cmの大きな円を想像してしまいました。

8月までの3カ月間工場で研修をしていて、

「公差が±0.05mm しかないからキツイなぁ」

のような言葉を毎日聞きながら、かなり微小な世界だなと思っていました。

しかし100分の何mmと言われても、ただ薄いなぁ...という感覚しか湧いてきません。

という訳で、どれくらい小さい世界なのか調べてみました!

 

官製はがきの厚さ0.2mm

ヒトの毛の平均太さ 0.08mm (髪質により0.05~0.15mm)

毛細血管の太さ 0.01mm

クモの糸の太さ 0.004~5mm

大腸菌の大きさ 0.001mm

 

つまり、公差±0.05mmの場合、最大でも細い髪の毛2本分の誤差しか許されない...

太い髪質の人は、アウトになってしまいます。

やはりとても小さな世界です!

どれくらい薄いのかイメージができ、加工の難しさを改めて感じました。


                                             技術  斉藤

220px-Menschenhaar_200_fach.jpg

      <200倍に拡大した髪の毛>


ページ先頭へ

大興製作所トップへ