静御前

20111109.jpg

20111108.jpg

<静御前>

平安時代末期、源義経に愛された京の白拍子「静」。

平家滅亡後、兄・頼朝との確執から、奥州に落ち延びた義経の悲運を憂い、

大槻の里(現郡山市大槻町)の池に身投げしたと言い伝えが今に残る。

                                    静御前HPより

写真提供 大興製作所OB 平井臣征さん(2011年10月時代祭より)

 

ページ先頭へ

facebookペー