桂川河川敷のモズ

20130101.jpg

全長20cm。

日本では全国の平地から低山地の農耕地や林緑、川畔林などに生息して、繁殖しています。

冬には北日本のものや山地のものは、南下したり山麓へ下ります。

20130102.jpg

秋に高鳴きをしてなわばりを確保し、越冬したものは、2月頃から越冬した場所で繁殖します。

4月中頃までにひなを育て終った親鳥は、高原や北へ移動しているようです。

20130103.jpg

小さなからだなのに、くちばしはタカのようにカギ型をしており、小鳥を捕らえたりもします。

モズは生け垣などのとがった小枝や、有刺鉄線のトゲなどに、バッタやカエルなどのえものを

串ざしにする変わった習性があることで知られ、日本ではこれを「モズのはやにえ」と呼んで

有名です。

サントリーの愛鳥活動HPより

写真提供 大興製作所OB 平井臣征さん

ページ先頭へ

facebookペー