ファミリーキャンプ

私は旅行が苦手です、観光地や人ごみが嫌いです。

特に千葉の浦安にある"ネズミーランド" は一番苦手とする場所です。

しかし、子供達が大きくなりどこか遊びに連れて行かなければならず、

始めたのがファミリーキャンプです。

"山・川・海 → 田舎 → 人がいない → 素晴らしい!" の発想です。

ドライブは好きなので 移動に関しては気にしません。

現在、6年目で年に3 から4回の頻度でキャンプに行っています。

ファミリーキャンプが根付くか否かは"嫁の理解"に掛っています。

キャンプは"準備・移動・設営・料理・洗濯・片付け・移動・道具の清掃"で

日常生活がそのまま外で行われるだけです。

(他にも虫・寒い・暑い・雨などの不快な出来事もあります)

嫁の誘導を失敗すると"嫁のストレス"→"日常生活に支障"→"一家離散"の

可能性さえ秘めています。(笑)

故に我が家にキャンプが根付いたのは嫁に対して日常生活や仕事では

見せない"繊細な心遣い"と"献身的な行い"に因るところと自負しております。(笑)

この場合、私にストレスが掛りますが、"旦那のストレス"→"子供の笑顔"→"消滅"なので

問題にはなりません。

昨年、関西から関東に転勤になりバタバタとしていたので1回しか行くことが出来ず、

今年こそはと気合を入れています。

夏場は"川キャンプ"が好みです。

今年、是非行きたいのが中津川沿いの"塔の岩キャンプ場"です。

以前も行った事がありますが、子供達も気に入っており少し遠いですが頑張ろうと思います。

ポイントは何と言ってもロケーション 川沿いのキャンプ場に松が良い感じで植えられています。

川は清流で透明度が高く・夏場でも10分も入っていられないくらい冷たいです。

流れは浅瀬で急なところもあれば、水深1m位の緩やかな溜りもあり、水遊びには最適です。

shigeoka_2013064.jpg

皆様にも是非、家庭崩壊の危機を"自ら作り""乗り越える"ファミリーキャンプをお勧めします。

技術開発 重岡

 

ページ先頭へ

facebookペー