夕焼け

"夕焼け"は日没の頃、西の地平線に近い空が赤く見える現象のことです。

日の出の頃に東の空が同様に見えるのは"朝焼け"といいます。

夕焼けの状態の空を夕焼け空、夕焼けで赤く染まった雲を"夕焼け雲"と称します。

20130603.jpg

亀岡市千歳町の高台より

<沈みゆくもの>

夕焼けは空や山々、町並みを赤く染めあげて美しいものであるが、明るい昼間の時間が終わり

暗い夜がやって来る合図でもあり、比較的短時間で終わってしまう現象である。

そのため夕焼けの情景は文学や楽曲、映像作品において儚さやせつなさ、悲しさ、寂しさ、別れ、

衰退や没落、老いや近づく死などをあらわすものとして用いられる。

文章:Wikipediaより

20130604.jpg

写真提供 大興製作所OB 平井臣征さん

ページ先頭へ

facebookペー